健康肌を目指せ!②

 こんにちは😃

前回の続きになります♪

紫外線対策をどうしていけば良いのか、
ですね(*^^*)

私もこれについては、
ずーっと悩みの種でした!

前回お話した通り、紫外線対策吸収剤の入った日焼け止めは使えないから、
変わりに、紫外線対策撹乱剤の入ったものを。
これは、白くなるやつ。

降り注ぐ紫外線を跳ね返すと言う考え方。
これならまだ、ブツブツできないし、良くはないだろうけど、とりあえず塗っておいた方が良いかな。。と昨年まで使ってました!


新しく学んだ考え方はね、
植物や植物オイルに含まれる、抗酸化成分を
角質層(皮膚の一番上にある部分)に蓄積させ
活性酸素を発生させにくくする
と言うこと。


分かりにくいですよね?(^_^;)

紫外線を浴びると、皮膚(角質層)、体内で活性酸素が大量に発生します!

活性酸素って何か分かりますか?
病気の原因と老化因子。
不安定な酸素が、体の中の酸素を奪いキズつけ回る。細胞膜やDNAまでキズつけていきます(;_;)

若くて元気な細胞なら、それを早く修復して回りますが、だんだんと衰えてくるわけで。。

これの積み重ねで、病気が早まったり、
老化が早まったりするわけです。

日焼けの場合だと、この活性酸素の発生により、細胞膜などがキズつけられるので、
これはいけない‼️
っと、体が皮膚を保護するために、
たくさんのメラニンを放出するわけです。

メラニンは大敵だ!!!!って思ってたら、
ほんとは、自分を守ってくれる防御反応なのですね(*^^*)

抗酸化成分は、実は酸化しやすい成分でもあります。私達の細胞膜などが、酸化させられる前に先に、
不安定な酸素とくっついてくれる!!
と言うんです✨

なので、日々
抗酸化成分たっぷりなものを、
肌にぬったり、飲んだり食べたり
外側からと内側からのケアで
酸化しにくくなり、
紫外線のダメージを軽減しよう!!!!
と言う考え方なんです✨

詳しくは、私が今学んでいる、
ORGNIC MOTHER LIFE
で検索してみて下さいね♥️

以前から、ハーブを学び、生活に取り入れてきた私は、すんなりと府に落ちたんです。

紫外線対策も、これでいきたい!!!!
体に外なく、環境にも優しい!
何て素晴らしいんだろうと
心奪われたわけです✨
活性酸素を発生させる原因は、
紫外線だけじゃーないですよ!!

食事の質やストレスも
活性酸素には大きく関与します。
ここは、また後日詳しくお話するとして、

私はね、
1年でも、1ヶ月でも、1週間でも、1日でも
病気も老化も
遅らせたいと思うわけですよ。


だったら、抗酸化成分を多く含む植物の力を借りたい!!!!

そして伝えたい!!!!

そんな思いでいっぱいでございます(*^^*)


また、続きは明日♪
ファンデーションを卒業してみた理由と
卒業してみた感想も書いてみたいと
思います(о´∀`о)ノ

0コメント

  • 1000 / 1000

greenlife-shelf

暮らしに溶け込んだ、ハーバルライフを提案する、 ハーブ教室です*